Coroblog

零細企業の経営と借金、ガジェットレビューなど

【wena wrist pro】手首の細いボクには40mmの腕時計がベストバランスだった!【BEAMS】

wena wrist beamsコラボモデルを購入

またまた楽天ポイントが3万ポイントを越したので何か買おうかなぁと思い、今回はwena wristのヘッドを買うことにしました。

今まではハミルトンオープンウォーターをwenaに装着していたのですが42mmと手首の細い自分には若干大きいのと特大のリューズガードが手の甲近くに干渉して痛かったこともあったので、別のヘッドを検討していたところでした。

f:id:corobo:20180924155549j:plain

デザインは好みなんですけどね・・・。

 

開封の儀!

今まで付けていたハミルトンオープンウォーターと比較しながらレビューしたいと思います。

f:id:corobo:20181115183548j:plain

思った以上にコンパクトな箱。Wena2周年なんですね。

f:id:corobo:20181115183654j:plain

ボクの大好きなネイビーの文字盤です。オープンウォーターは鮮やかなネイビーでしたがこちらは深い色合いのネイビーです。

f:id:corobo:20181115184028j:plain

3眼クロノではありますが相変わらず使い方はよくわかっていません('◇')ゞ

f:id:corobo:20181115184221j:plain

BEAMSが40mm、オープンウォーターが42mmです。たった2mmの差とは思えないほどオープンウォーターのデカさを感じます。

f:id:corobo:20181115184354j:plain

左がBEAMS右がオープンウォーター。全体の厚みは1mm程度しか変わらない感じですが、オープンウォーターは下の土台のデザインが分厚いので重厚感がありますね。

BEAMSのほうは風防が球面サファイアガラスのなっています。

f:id:corobo:20181115184741j:plain

リューズ側です。クロノ計のリューズが青く塗装されています。最初見た時フィルムが貼ってあるかと思いました(;^_^A

f:id:corobo:20181115185108j:plain

裏側なのでどうでもいいと言えばそうなのですが、もう少しかっこよくしてほしいですね。裏側はハミルトンオープンウォーターの圧勝です。

BEAMSのほうはフィルムを貼っている状態なので反射で見えにくくなっていますが、BEAMSのロゴとa new spec beamsと刻印されています。

f:id:corobo:20181115185619j:plain

wena wrist proを装着してみました。

さすが純正品なのでしっくりきますね。ただどの時計付けてもラグに隙間ができちゃうので隙間を埋めるパーツも作って欲しいななんて思ったりしています。

 

装着感は今まで買った時計の中でNo1かも!

BEAMSのヘッドの重さが54g、オープンウォーターは100g近くもありました。あまり軽すぎる時計も安っぽい感じでいやなのですが、この54gという重さは絶妙にいい感じです。

最近の時計は44mmとか46mmなんてデカイの多すぎです。そんな中40mmで発売してくれて大変ありがたいですね。惜しいのはソーラーに加えて電波も装備して欲しかったなぁと思います。ま、来年あたりそういうヘッドを出してくるんじゃないですかね。

現状SONYで販売されているヘッドの中では断トツにカッコイイと思います。

以前手首の細い人の時計選びについて書きましたが

 

www.corobo.info

 現時点での結論はケース径は40mm、厚みは13mmくらい、重さは50g程度っていうのが手首の細い人にはベストチョイスだと思います。

5万円という価格は若干高いと思いますがWenaを持っている方には是非オススメいたします!

ではまた。