Coroblog

零細企業の経営と借金、ガジェットレビューなど

【Google】中古スマホ購入でのトラブル【Device Protection】

Fitbitマルチデバイス実現のためにNexus6Pを購入

先日の記事でZenfone3 LaserがFitbit機器に正式対応していないために、マルチデバイスの正常動作が実現できなかったことを紹介しました。

不具合内容はVersaとFlex2を同時に登録した場合に”Versaにしか通知が来ない”という現象でした。Versaの登録を削除しFlex2だけにすると、ちゃんとFlex2に通知がきます。

そんな状況が耐えらなくて、Fitbitで正式対応を謳っているNexus6Pを某オークションサイトで購入しました。

 

送料無料バッテリー新品交換済みで15,000円!

安い!どれをみても軒並み2万円以上で新品未使用なら3万以上します。

幸い即決価格だったので迷わず落札しました。

32GBバージョンですが、スマホでゲームをしないボクにとっては十分な容量です。

外観の状態も液晶に小さな擦り傷はありましたが非常に良いと言えるレベルです。

f:id:corobo:20180623114049j:plain

商品の状態にも満足したところで意気揚々とセットアップ作業に入ったのですが・・・。

 

なんて日だ!セットアップできない!!

言語選択をして、GoogleIDを入れてパスワード入れて・・・。

ん?あれ!?先に進めないではないかぁ(;・∀・)

メッセージをよく見ると

「この端末はリセットされました。続行するには、この端末で同期したグーグルアカウントにログインして下さい。」

えー、これってもしかして前のオーナーのIDが残っちゃってるってこと!?

なんとか自力での解決を見出すためネットで検索してみましたが

どうやらリセット方法には

・ファクトリーリセット(電源と音量の長押し)

・データの初期化(設定画面→バックアップとリセット→データの初期化)

の2種類があって、オーナーさんは電源+音量の長押しの方法でリセットをしたために端末内部に自分のIDが残されたままになっているみたいでした。

そして、これを自力で解決する方法は「無い!」ということでした。

調べを進めていくうちに業者さんでこのDevice Protectionの解除をしてくれるところがありましたが、およそ1万円くらいかかるとのことでした。

ええ、そんなもったないことはできませんよ。本来普通に使えるものが1万も余分にかかるなんて・・・。

 

出品者の方がいい人で良かった

もう自力での解決が不可能ということなので、早速出品者様に連絡。

夕方5時半くらいにメールで連絡しました。今までのやりとりではレスポンスがすごく早かったのに今回はなかなか連絡が来ない。

まさか・・・伝家の宝刀ノークレームノーリターンか!?と思った夜11時半にメールが入る。

「遠隔操作で端末データを消去しました」

おぉ、ありがたい対応。

がしかし、状況変わらず先に進めない。

やはり一旦送り返して、ご本人にIDを削除をしてもらうのが最善策とボクは考えていたのでそのように提案してみました。

 

なんと、IDとパスワードを教えてくれた

そしたら、なんと出品者さんはIDとパスワードを送ってきたのです!

もちろんボクはそれを知ったからといって悪用するつもりはないけど、やっぱりちょっと怖いじゃないですか。それをすんなりと教えてくれるなんて。

そんなわけでいただいたIDとパスワードでログイン作業を進めました。

しかし、ここで問題発生。

本人確認の為に今使っている端末(多分SMSで送られてくるやつ)で2桁の番号を入れてくれと。

ここでボクが睡魔に襲われ作業ストップ。

時間は深夜12時過ぎ・・・年寄りの夜は早い。

しばし睡眠zzz

 

出品者と落札者が力を合わせて問題解決!

ふと、目が覚めると朝の4時。

慌てて取引メッセージを確認すると深夜1時ごろに「2桁の数字を入れてアクセス了承しました」と。

すぐにNexus6Pの電源を入れてセットアップをしてみると・・・

「や、やったぁ!できたぁ!」

なんだか感動。たかだかスマホのセットアップだけど得も言われぬ達成感が駆け抜けていきました(´;ω;`)ウッ…

出品者さんにセットアップ完了の報告をすると、「こんな時間まで作業してもらって申し訳ありませんでした」と返信がきました。

いや、こんなトラブルは起きましたが本当に良い出品者様でしたよ!

やれやれ、一件落着です。

でも、自分もオークションでスマホを出品する時は気をつけようと思いましたよ。

ハードリセットではなくOSからしっかりデータ消去(アカウント消去)ですね!