Coroblog

零細企業の経営と借金、ガジェットレビューなど

【origin】手首が細い男の腕時計選び G-SHOCK GMW-B5000D-1JF 編【フルメタル】

ソーラー電波が欲しい

つい先日チューダーが欲しいなんて言ってたボクですが、前々からソーラー電波の時計欲しいなと思ってて。できればBluetooth付きで。

ただ手首の細い自分にとってソーラー電波の壁は結構厚いのであります。

シチズンのエコドライブとかセイコーアストロンとか軒並み44mmとかなんですよね。やはり手首の細いボクにとっては前回の記事同様42mmくらいまでが限界かなと。

 

ラグ一体型で小さく見えるかも

色々調べてたらG-SHOCKでソーラー電波のが結構ある!

ただラウンド型のはだいたい50mmくらいあってNG。そこで見つけたのがこの GMW-B5000D-1JFです。

 

 

 

角型で縦横幅は49mm×43mm。数字だけで判断するとボクにはオーバーサイズなんだけど、ラグを除いたケース本体は(8角形の部分)横37mm縦34mmくらいなのでそんなに大きくは見えないんですよね。

f:id:corobo:20190902135831j:plain

 

でも手首が細い人は店頭で試着したほうがいいかも

手首が細い人でも大丈夫かというとそうでもなことが・・・。

まずひとつめはラグから1番目のベルトのコマは可動域がほぼゼロということ。

f:id:corobo:20190902141948j:plain

赤矢印の部分です。ここが内側に向けて折れてくれれば腕に巻き付くようにフィットするのですが、全く動かーず。

そしてもうひとつは裏蓋の厚みです。

f:id:corobo:20190902142458j:plain

裏蓋黒い部分、3mmくらいありそうです。

ちなみにWena wrsitのBEAMSのヘッドはこんな感じ。

f:id:corobo:20190902142645j:plain

かなりスッキリしてます。

この2つのことによって横から見た時に両角がスカスカになってしまうのです。

f:id:corobo:20190902143103j:plain

f:id:corobo:20190902143137j:plain

 したがってフィット感がイマイチな感じになってしまってます。

デザイン上ベルトの最初のコマが動かないのは仕方ないとしても裏蓋の厚みはなんとかなるんじゃないかなーという気がします。

ちなみにWenaはこんな感じです。(ピンボケですみません)

f:id:corobo:20190902143632j:plain

ほとんどピッタリフィットです。

 

手首周り16cm以下だと若干の”時計にされてる感”はでちゃうかもです

手首周り15.5cmのボクが装着するとこんな感じです。

f:id:corobo:20190902143916j:plain

真上から見たボクの手首の幅は約5.5cm、GMW-B5000D-1JFの本体+動かない1コマ目までを真上から見ると約6.5cm。およそ1cmの開きがあります。

やはり手首周り16cm以下だと気になる人は気になっちゃうんじゃないかなーと思います。

Bluetoothなのに・・・

あとこれを改善して欲しいなというのはBluetoothについてです。

なんでBluetooth接続できるのに着信通知やアプリ通知の機能を付けないのかということです。ハッキリ言って携帯探索とか位置情報のメモ機能なんていらないと思います。アップデートで対応できるのなら是非お願いしたいですね。

 

まとめ

いろいろ問題点ばかり書いてしまいましたが、なんだかんだ言っても売れてる時計ですからやっぱりカッコイイと思います。

手首周り15.5cmのボクでもそんなに違和感なく着けれてると思います。(自分から見てですけどね)ただゴツイ時計には変わりはないので体格のいい人が付けたほうがよりカッコイイんだと思います。

ではまた。