Coroblog

零細企業の経営と借金、ガジェットレビューなど

やっぱりテレビは嘘つきだと思った瞬間!

借金の行く末

僕は多額の借金を背負っている関係上、今まで借金について色々調べました。

自己破産ってなんの為にするのか?借金を払えない状態で自己破産をしないとどうなるのか?

僕が見たり聞いたりして出てきた答えは、自己破産は債務者にとってほとんどメリットがなく、弁護士だけが儲かるというシステムだということ。自己破産すると再起するための資産や地域での信頼も奪われてしまうということなんです。

ですが借金には時効があり、貸主が貸金業者であれば5年間1円も返済しなければ時効が成立するんです。それも他人に知られることなく。

 

借金にまつわるテレビがついた嘘とは

自己破産が如何に無意味かつ弁護士費用という無駄なお金を使ってしまうかということを知ったのが5年ほど前。

その何年後かに見たテレビ番組で、弁護士が借金には時効があることを解説していた。

掲げたフリップに書いてあったことは僕が見聞きしていたことと少しだけ異なっていた。

 

・個人間の借金の時効は10年

消費者金融などの借金の時効は5年

 

こう書いてありました。

ん?消費者金融など???

これ、あたかもサラ金とか闇金だけを指したような表現です。

え!?銀行は?信金は?政府系金融機関は?

そうです、借金の時効は全ての貸金業者が当てはまるはずなのです。

おそらくあえて銀行という表現は伏せたのでしょう。なぜなら銀行はテレビ局にとって大口のスポンサーだからです。

まだ借金に時効があることだけでもテレビで発表しただけましではあるのですが、肝心なところはこうやって隠してしまうのがテレビ局や弁護士なんだなと感じました。

一事が万事、きっとその他のテレビ局にとって都合の悪いこともこうやって隠したり嘘をついたりしているんだろうなと思ってしまいます。