Coroblog

零細企業の経営と借金、ガジェットレビューなど

山口達也とボクの酒癖

なんか他人事ではない!

たった今、TOKIO山口達也メンバーの記者会見を見ました。

www.huffingtonpost.jp

なんでメンバーって呼ぶかはこちらに書いてありました↑

彼は大の酒好きだそうで、なんでも肝臓を壊しちゃうくらい飲んじゃうんだそうです。

かく言うボクも大の酒好きで山口さん同様、記憶を無くしちゃうことも度々あります。

今月も実は4回飲みに行って3回も財布をお店に落としてきてしまいました。運よくというかお店の方々良い人でしたので3回とも無事に財布は返ってきたのでした。

そんなボクですから今回の事件は全く他人事とは思えません!

さすがに未成年と酒を・・・ということはまずありませんが、バー好きのボクはよく偶然隣に座った初対面のお客さんに話しかけてしまいます。

そんな中で、お酒が回りそれなりにお客さんと仲良くなったところでちょっとした暴言(例えば中年女性であればおばちゃんと呼んでしまう)を吐いてしまうことがあるようです。

そんな感じですので、最近はバーのマスターに叱られることがあったり水しか出してくれなかったりする日がたまにあるのです。

まぁ、わいせつ行為よりはましなのだと思いますが・・・。

 

示談って隠蔽ってことなの?

今回の事件は示談が成立しているようですが、記者会見の中で今回の件が明るみにならなければ隠蔽するつもりだったのか?と記者に聞かれていましたが、こういうのってどうなんですかね。被害者がお金や誠心誠意の謝罪で矛を収めてくれれば、それで「無かったこと」ってことじゃダメなんですかね?

ボクは示談が成立すれば被害者もこのことを口外しちゃいけないと思うし、加害者のほうはわざわざマスコミなんかに公表する必要はないんじゃないかと思いますけど。

示談で金払ったうえに世間にバラされて更に社会的にも経済的にも制裁を受けなきゃならないんですかね?

このあたりちゃんと教えてくれる人いませんかねー。

 

やっぱり加害者を叩き過ぎなんじゃ・・・

日馬富士の暴行事件も、福田事務次官のセクハラ問題も、テレビのコメンテーターなんかは、100%加害者が悪くて被害者には全く落ち度が無いみたいな言い方をしていますが、やっぱりそうなっちゃった経緯がちゃんとあるはずなんですよね。

あの日馬富士の会見を見た時も、この男がなんの理由もなしに貴ノ岩を殴るとはどう見ても思えないんですよね。殴るのは絶対ダメなんだけど殴りたくなるような言動や態度をしたということもしっかり指摘してもらいたいんですよ。

福田事務次官の件もそうです。セクハラは絶対ダメなんだけど、そんな深夜に酒を伴った取材に行かせるテレ朝にも問題があるし、女性記者本人も今までセクハラっぽいことがあったなら”行かない”という選択もできたはずなんですよね。

日馬富士も福田事務次官もした行為に対する代償があまりにも大きすぎるようにボクは感じます。どちらも反省の期間を与えたうえで厳罰に処し同じポジションで復帰させてあげても良かったように思います。

とにかく今の世の中は、ちょっとのミスや過失でどん底に落としすぎのように思えてなりません。

とはいえ、今回の山口達也さんの件は未成年ということで微妙なところではあると思います。

 

酒はキレイに大人の飲み方でいこう!

なんか記者会見では山口君に「もう酒は飲まないんでしょうね!?」みたいなプレッシャーをかけてましたが、人に迷惑をかけない程度であれば飲めばいいじゃないですか。もっと失敗した人に対して優しい世の中であって欲しいななんて思ったりもします。

ボクも今後は気をつけよう!

そして今日も飲みますよ!!