Coroblog

零細企業の経営と借金、ガジェットレビューなど

リスケへの道(2)

f:id:corobo:20180411103557j:plain



リスケするためにしたこと

リスケするにあたっては「お願いします」「ええ、分かりました」というふうに簡単にはいかないわけです。

住民票出せとか謄本持ってこいとか印鑑証明書もね、なんて言われます。そして面倒なのなが5ヵ年分の経営計画書の作成でした。

1年先も読むことができずに失敗した男に5年先まで読めとは!

しかも、運転資金も枯渇し新たな融資も受けられない状況で明るいビジョンを描けるわけもないのですから('Д')

そして、この経営計画書なるものの実態は単なる数字合わせに過ぎないシロモノなのでした。

 

絵に描いた餅!な経営計画書

一応前年と比較して翌年の目標数値を出すのですが、あまりに現実路線で計画を立ててしまうと途中で資金ショートしてしまう計画になってしまいます。かといって夢のような売り上げ計画にしてしまうわけにも行きません。そもそもニューマネーが入らないわけだから売り上げが劇的に伸びる要素なんてないですからね。

そんな感じで”丁度いい塩梅”な計画書を作るわけです。だいたいケイツネで100万プラスくらいな感じですね。

よくよく考えてみると、5年以内に元の約定に戻すという想定でなくてもOKということなんでしょうかね。最後はどのように落としどころをつけるのか?このあたりは債権者と債務者には大きな隔たりがあるみたいですね。この件は別の日に記事にしたいと思います。

まぁ、景気のいい時代であれば金融機関もリスケなんかせずに借り換えとかでごまかしてたんでしょうね。なにせリスケした瞬間に債務者の格付けが「破綻懸念先」になってしまい帳簿上不良債権化してしまいますからね。

 

リスケ後の各金融機関の態度

とりあえず必要書類を提出し、各金融機関協調のもと無事リスケが実行されたわけですが、リスケ後の対応の変化などを記したいと思います。

地銀

なんと金利の引き上げを要求!まぁ0.数%の引き上げで年間数万円の負担だったので渋々飲むことに・・・しかしカネなくて困ってるのに弱みに付け込んで金利を上げてくるとは!鬼だ!!

また、リスケを機に毎月試算表を持って銀行に来るように命じられる(今まではむこうがわが社を訪問していた)そして、訪問を忘れると電話で呼び出される。

 

信金

「メインの地銀さんが言うのであれば仕方ないですね」的なことを言う。言葉の端々に「地銀のやることはえげつない」っぽいことを言う。根本的に地銀を憎んでいるようである。逆に地銀は信金を見下している感がある。

ちなみに信金は慢性的な人手不足もあり当社が黒字でもリスケ中でも僕が銀行に訪問している。やはり毎月の試算表は要求するが持っていくのを忘れても追及は厳しくない。

 

政府系金融機関

リスケ前も後も全く態度が変わらない。事務的なので当方の精神的苦痛は少ない。リスケ期間も基本1年単位なので年に1回だけ窓口に行けば十分。試算表の提出は不要。

 

以上のような感じです。当たりの強さは地銀>信金政府系金融機関といったところです。

 

 

まとめ

 こんなかたちで現在進行形でリスケが進んでいます。金融機関も規模が大きいほどきっちりしているというか、体裁にこだわる傾向があるようです。政府系は良くも悪くも役所っぽい感じですね。もう2年以上続けているリスケですが、本当にリスケ以外の資金繰りの方法はなかったのか?そのあたりも今後取り上げたいと思います。