Coroblog

零細企業の経営と借金、ガジェットレビューなど

クラウドソーシングを3ヶ月ほどやってみた。

ハッキリ言って稼げないよ!

どんなものかと思って始めてみたクラウドソーシングですが、3ヶ月が過ぎましたので一旦ここで総括してみたいなと思います。まぁ、最初に言っちゃいますけどタスク・ライティングは稼げませんよ!

ちなみに3ヶ月で25,000文字書いて約2万円でした。文字単価0.8円くらいですね。

特別なスキルがなければまともな金額は稼げない。

ランサーズは以下のような仕事内容になっています。

システム開発・運用

・Web制作・Webデザイン

・デザイン制作

・ライティング・ネーミング

・タスク・作業

・マルチメディア

・翻訳・通訳サービス

・ビジネス・事務・専門・その他

おそらくですが、この中で稼げそうなのはシステム開発や翻訳、Web制作あたりかと思います。これらは専門的なスキルがないとできない仕事であり、ランサーズの中では少数派の方々になるのではないかと思います。つまり、ちゃんと稼げている人はほんの一部であり、タスクやライティングなどの「その他大勢」の人間は稼げていないんじゃないかなーと思います。もちろん全くの予測ですけど。。。ここでいう稼げてるって金額は10万以上だと思ってください。

 

素人はタスクかライティングをこなすしかない。

残念ながら僕はその他大勢に入るので最初はタスクやライティングをすることになりました。

最初はやり方がよく分からなかったので、まずはタスクからはじめることに。

アンケートとか簡単なレビュー、体験談なんかですね。割とサクサクできます、だけどそのかわり単価安っ!10円とかからあります(´;ω;`)ウッ…

でも、修正などの差し戻しがなくストレスがないので気持ち的に楽です。よっぽど変なクライアントじゃない限り非承認になることは無さそうです。

しばらくはこんな感じで暇なときにタスクをこなしつつ、ライティングで自分ができそうなものを日々検索していました。

そんなある日、ガジェット好きな僕にうってつけの案件があがっていました。

「モバイル関連サイトの記事作成、1500文字750円。継続で1500円!」1文字0.5円、継続を勝ち取れば1文字1円かー。とりあえず応募してみよう!

ってことで応募したらなんと採用になりました。プロフィールの段階でガジェット系が得意だと書いていたので、それが奏功したのかもしれません。

 

ライティング案件は精神衛生的に良くない。

最初に採用していただいたクライアントさんはとてもいい人で、「Web上ではこうやって書くと伝わりやすいですよ~」とかアドバイスしてくれて、まさに勉強させてもらいながらお金をもらっている感覚でした。結局、このクライアントさんとは継続でお仕事をさせていただくことになり、晴れて1文字1円になった次第です。でも1文字1円でもほとんど修行と言ってくらい効率よくは稼げません。

せめてもの救いは、自分の得意としているガジェット系だったのでまだましなほうでした。

次に仕事したのは20代前半のクライアント。僕は既に40代後半に入ったところ。世代間ギャップというか、「こういう言い方したら相手が不快になるな」とかの配慮ができていない感じで、かなりイラつきました。

でも、そのクライアントは僕を不快にさせていることに気づいていないのか、しゃぁしゃぁと「継続依頼できますか?」なんて言ってきた。もちろん丁重にお断りしました。

次は、600文字以上500円という案件。ランクが上がれば700円になるというもの。この時既に最初のクライアントさんと継続で仕事をしていたので、提案欄に「既に1本継続で仕事を請けている」と提案欄に入れておいたら即採用となった。

総数3000文字で1文字約0.8円、全部で2500円。ジャンルも様々で普段自分が接することも無いようなネタがほとんど。正直、ネット検索で情報収集して記事作成となると3000文字書き上げるのに4、5時間はかかる。時給にしたら良くて650円・・・最低賃金にもならいね。

それに加え手直しが発生すれば合計6~8時間くらいかかる・・・最悪時給換算350円!

もちろん自分の実力不足とかあるかもしれないけど、まぁどんなに頑張っても時給700円がいいとこでしょ(;´Д`A ```

一応、自分でもリアルで仕事を持っている中でこんなに安くこき使われると相当ストレスがたまりますね。

 

モチベーションが保てるかはクライアント次第!大事なのは気遣いの言葉。

自分も実社会で長年仕事をしてきて思うのは、仕事を出すほうが「出してやってる」って気でいる奴が案外いるってこと。クラウドソーシングのような顔が見えない中でのやりとりなので人一倍言葉遣いには気を付けなきゃいけないと思う。

一番最初のクライアントの方は非常に懇切丁寧。例えば修正箇所がある場合も「こんな安い価格でやってもらってながら細かいことを言ってすみません」と、しっかり気遣いのある言葉をかけたうえで修正の指摘をしてきます。

あと、修正する意味もきちんと説明してくれます。

例えば、「書いていただいた内容は日本語としておかしくはないのですが、Webの世界ではこういう書き方をすると読者に伝わりやすいんですよ」という説明をしてくます。

このように言われれば納得して修正作業ができるのです。

一方ダメなクライアントは、修正箇所があった場合事前に送ってある「ライティングマニュアル」を参照してください。とだけきます。これはこれで、マニュアルを見直せば分かるので良いのですが、腹立たしいのは”マニュアルに記載されていない事柄”の修正が出た場合です。

「マニュアルに載ってないことをお願いしてスミマセン」程度の言葉でもあれば気持ちよく修正するけど、何事も無かったかのように修正の依頼を寄こしてきます。

これはおそらくクライアントがライターに対して「ほら、これでひとつ勉強になっただろ~?」くらいに思っているからだと思います。

一番アタマにきたのは、修正箇所が1か所も記載がなくただ赤字で「ライティングマニュアルを確認してください」と送ってきたときです。

これは「修正箇所は自分で見つけろ!」っていう意味だったんだと思います。本当にこんな意地悪されてまでやりたくないわ!って思うのですが平気で続けて依頼をしてきますヽ(`Д´)ノプンプン

もちろんそれ以降はお断りしましたけどね。

 

ライティングは自分の資産を切り売りしているのと同じ。

確かにメリットはあります。ズブの素人から始まって「こうやって書くんだぁ」とか「こういうネタでアクセス数増やすんだぁ」とか勉強になることもあります。本やネットで調べたことではなく、自分でキーボードを叩きながら学習できることは貴重だとは思います。そして僅かではあるけどお金ももらえて・・・。

ただ、3か月間やって思ったのは、たった1文字1円ぽっちの仕事をクライアント側は10円、100円、1000円にして売っているって事実があること。そして、ライター側は自分の持っている文章(資産)をただただ消耗するだけだということが分かりました。

 

クライアントに搾取されるくらいなら自分で収益のでるブログを作ったほうがいい。

いずれにせよ、素人ライターは超叩かれている下請け的な扱いなので、ある程度慣れてきたら自分で収益のでるブログをたちあげたほうがましなのかなと思います。もちろんそんなに簡単なことではないけど自分のためなら頑張れるんじゃないかなぁと思います。

そんなわけでクラウドソーシングとはこれでおさらばです。はい。